動画編集できるノートパソコン【おすすめの最新コスパ最強モデル】

動画編集できるノートパソコン

動画編集ができるノートパソコンを紹介していきます。

  • 動画編集にはどれぐらいのスペックが必要なのか
  • 動画編集ができるおすすめノートパソコン
  • ノートパソコンで動画編集するおすすめソフト

以上の内容で解説します。

「どういう動画を編集したいのか」によって必要なスペックやおすすめノートパソコンが異なるため、それについてもわかる内容です。

おすすめノートパソコンだけ見る

動画編集できるノートパソコンのスペック

編集する動画とパソコンのスペック

  • 結婚式やイベント用の動画:一般的なノートパソコンで十分
  • ゲーム実況動画や配信:グラフィックボード搭載のハイエンドゲーミングPCが必要

編集する動画によって、必要なノートパソコンのスペックは大きく異なります。

結婚式やイベント用の動画、運動会など家庭で楽しむ動画編集には高いスペックが必要なく、一般的なノートパソコンで十分です。

ゲーム実況動画の編集やゲーム実況配信では、「高解像度でゲームをプレイしながら録画または配信」するスペックが必要となりますから、高性能グラフィックボードを搭載したハイエンドゲーミングノートパソコンが必要です。

CPU

CPUは動画編集ソフトの動作に影響します。

これからノートパソコンを購入するなら、「第10世代のintel Core i5シリーズ」や「Core i7以上」がおすすめです。

ゲーム実況動画の録画編集や、ゲーム実況配信ではマルチタスクが得意なRyzenのCPUもおすすめです。

RyzenのCPUなら第3世代以上の「Ryzen7」や「Ryzen9」が良いでしょう。

第10世代のCore i5とは?
「Core i5-10xxxH」のように、i5以後最初の2桁の数字が世代を表します。
「Core i5-9xxxH」なら第9世代といった仕組みです。第3世代のRyzenとは?
Ryzenの世代はIntel Coreとは異なり、型式に表記されていません。
「Ryzen 5 4600H」のような4000番台が第3世代です。

GPU

GPUは高フレームレートの動画を撮影する際に重要な役割を担います。

結婚式やイベント用、家庭用の動画編集ならオンボードグラフィック(CPUに内蔵されたGPU)で十分です。

ゲーム実況動画の録画編集や、ゲーム実況配信では高性能なグラフィックボードを搭載したノートパソコンでなければ、作業が行えません。

GPUは動画のエンコード(書き出し)時間にも影響します。

メモリ

メモリは16GB以上がおすすめで、ゲーム実況動画では32GBあるとより快適に編集作業を行えます。

メモリ容量が多いとPC全般の動作がサクサクになるので、結婚式やイベント用の動画を編集する場合でも16GBあると便利です。

ストレージ

ストレージはSSDがおすすめですが、できれば「NVMe SSD」にしておきましょう。

SSDには「SATA SSD」と「NVMe SSD」が存在しますが、「NVMe SSD」の方が書き出し時間が大幅に早いです。

短時間のイベント動画ならSATA SSDでも問題はありませんが、結婚式で流す長時間の動画や、ゲーム実況動画ではかなり書き出し時間がかかるため、「NVMe SSD」がおすすめです。

HDDはSATA SSDより更に遅いため、これからノートパソコンを購入するなら避けるべきでしょう。

画像サイズと解像度

ノートパソコンの画像サイズは作業効率に影響するものの、作成する動画のサイズには影響しません。

13インチのノートパソコンでも、結婚式のプロジェクタで再生する動画の編集が可能です。

ただし解像度は重要で、例えば4Kのゲーム実況動画を編集したいのであれば、4Kに対応した液晶モニターを搭載したゲーミングノートパソコンが必要になります。

イベント用であれば13インチでも標準採用されるフルHDで問題ないでしょう。

動画編集できるおすすめノートパソコン

G-Tune E5-D【マウスコンピューター】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 144Hz
重さ:約2.71kg

現在価格と詳細を見る

予算10万円以下の安い動画編集できるノートパソコン

THIRDWAVE DX-C5【ドスパラ】 Minecraft Starter Collection同梱版

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i5-10210U
GPU:インテル UHDグラフィックス
メモリ:8GB DDR4
ストレージ: 256GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 60Hz
重さ:約1.55kg

現在価格と詳細を見る

ゲーム実況動画編集できるノートパソコン

TUF Dash F15 FX516PR【ASUS】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11370H
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 240Hz
重さ:約2.1kg

現在価格と詳細を見る

4K動画編集できるノートパソコン

XPS 15 7590【DELL】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 4K
重さ:約1.8kg

現在価格と詳細を見る

Youtube動画編集に最適なノートパソコン

ガレリア GR2060RGF-T【ドスパラ】 Minecraft Starter Collection同梱版

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 7 4800H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 120Hz
重さ:約1.9kg

現在価格と詳細を見る

ノートパソコンで使える動画編集ソフト

動画編集ソフト

Windowsフォト機能(無料)【イベント用はこれで十分】

Windows10に標準搭載されている機能で、無料で利用できます。

動画編集の入門用や、結婚式やイベント用の動画はこの機能で十分でしょう。

学校行事などに最も利用されるソフトです。

» Windowsフォトの公式サイトはこちら

Adobe Premiere Pro(プロも使う高性能定番ソフト)

フォトショップなどで有名な「Adobe」の動画編集ソフトです。

一流Youtubeクリエイターをはじめ、ハリウッドの映画関係者も利用するほどのプロ仕様。

テロップやエフェクトの追加はもちろん、特殊効果の追加や音楽の挿入が直感的に行えます。

» Adobe Premiere Proの公式サイトはこちら

Power Director(日本国内で人気No.1のソフト)

日本で最も人気があり、最も使われている動画編集ソフトです。

日本人ユーザーが多いため、使い方やカスタムに関するネット記事がたくさんあります。

効果音や素材などの無料配布も行っています。

» Power Directorの公式サイトはこちら